前へ
次へ

室内の壁材として珪藻土を使ってみる

小物売り場などで珪藻土の言葉を見かけることがあるでしょう。
バスマットやコースター等の素材として使われることが多いです。
この素材のバスマットだと、足が濡れた状態でマットに乗ってもどんどん渇いてくれます。
吸湿性が高いことが知られていて、濡れると困るときに用いることもあります。
珪藻土は元々は植物性プランクトンの死骸と言われ、それが堆積してできました。
無数の穴がある多孔質の素材で、バスマットなどはこれを固めて作られているのでしょう。
実は住宅の素材としても使われているので新たに家造りをするときやリフォームをするときに使ってみると良いかも知れません。
家の中で使う場所としては内壁があります。
湿気がたまりやすいところはカビなどが生えやすくなりますが、そんな場所に珪藻土で作った壁を設置すると良いでしょう。
水分がたまったとしてもどんどん吸湿してくれるのでカビが発生しにくくなります。
耐熱性も高いので火事が起きても燃えにくいでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top